• Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2017-2019 by MRS Gunma

シュンガイト石とは何ですか?

シュンガイト石は、水、食物、環境、およびあなたの体内の有害物質を浄化する性質を持っていることが実証されたユニークな石です。 ロシアでは数千年ではなく数百年にわたり、健康や工業目的で広く使用されてきました。 ケベックのアンタイエイジング アライアンス社 (Anti-Aging Alliance Inc.) が提供するシュンガイト製品は、カナダの約500人の施術者によって使用されており、2017年4月に MRS Gunma を通じて日本の一般の人々に利用可能になりました。 アンタイエイジング アライアンス社によって提供される全てのシュンガイト石は 50〜70%の天然C60フラーレン含有量の推定範囲で、最高の規則的なシュンガイト品質が可能である。 (注:インターネット上で入手可能なシュンガイト石は、約30%の天然C60フラーレンを含んでいます。他にはこのグレードはありません。また、希少であり、使用可能な形状に成形できないエリート・シュンガイト(天然C60フラーレン約98%)があります。

 

ナチュラル・シュンガイトとその最も近い人工のフォームC60フラーレンは世界中で研究されており、その結果、彼らは両方とも強力な抗酸化、解毒、抗炎症および抗菌性を有することが分かっています。

 

さらに、研究では、携帯電話、PC、WiFi、IH、ハイブリッド車およびその他の電子機器からのEMFの有害な影響を中性化する独特の能力を持つことが実証されています。

 

2017年1月号の Carbon に掲載されたライス大学、テキサス・アメリカ(フラーレンをつくったセンター)とロシアのカザン大学による共同研究では、シュンガイトがプールの中の核粒子をろ過するための最も効率的で費用対効果の高い材料であることを示唆しています。被害を受けた福島原発は、取り巻く容器の中の水を海に戻す考えがあります。そこでこの共同研究の提案を受け入れれば、そのフィルタは6カ月以内に製造できると主張しています。

 

どのようにシュンガイトを使用できますか? あなたはこの石を直接摂取することはできませんが、石が入った水を飲んだり、石の入った浴槽に浸かったり、美しさとクレンジング製品を作ることができます。 アンタイエイジング アライアンス社では、あなたが身に付けたり、テープで留めることのできるさまざまな石を提供しています。 また、座ったり寝たり、自宅や職場に置いたり、電子機器に置くためのさまざまなサイズのパッドがあります。

 

シュンガイトは、市場の他の製品とは異なります。 シュンガイトを使用することを選んだことに感謝し、私たちは、あなたのために貢献できることを楽しみにしています。

 

料金:

主な日常生活品 1,800〜9,000円の価格帯です。

施術目的でより強い日常生活品

12,800〜338,000円の価格帯です。

Anti-Aging Alliance Inc. の商品は、病気治療や医療処置の代わりに使用するものではありません。

シュンガイト石とC60の主な研究

 

Baati, T, et al. (2012) The prolongation of the lifespan of rats by repeated oral administration of [60]fullerene, Biomaterials, doi:10.1016/j.biomaterials.2012.03.036

 

Beuerle F., Lebovitz R., Hirsch A. (2008) Antioxidant Properties of Water-Soluble Fullerene Derivatives. In: Cataldo F., Da Ros T. (eds) Medicinal Chemistry and Pharmacological Potential of Fullerenes and Carbon Nanotubes. Carbon Materials: Chemistry and Physics, vol 1. Springer, Dordrecht

 

Erzhanov, E.S., et al. (2015) Application of complex medication based on shungit and laminaria in veterinary surgery. Biology and Medicine. 7(3). ISSN: 0974-8369

 

Hauang, S.H. et al. (2001) Neuroprotective effect of hexasulfobutylated C60 on rats subjected to focal cerebral ischemia. Free Radical Biology and Medicine. 30(6). pp 643-649.

 

Ignatov, I. et al (2015) Research of Influence of Shungite for Activation of Mountain Water from Different Mountain Sources. Journal of Health, Medicine and Nursing 12. ISSN: 2422-8419.

 

Khannanov, A., Nekljudov, V.V., Gareev, B., Kiiamov, A.,, Tour, J.M., Dimiev, A.M. (2017) Oxidatively Modified Carbon as Efficient Material for Removing Radionuclides from Water. Carbon 115, 394-401.

 

Mashino, T. et al. (1999). Inhibition of E. coli growth by fullerene derivatives and inhibition mechanism. Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters, 9(20), 2959-2962. DOI: 10.1016/S0960-894X(99)0051506

 

Mosin, O. and Ignatov, I. (2013). The structure and composition of natural carbonaceous fullerene containing mineral shungite. International Journal of Advanced Scientific and Technical Research. 3 (6). ISSN: 2249-9954

 

Sajo, M.E.J., Kim, C., Kim, S., Shim, K.Y, Kang, T, Lee, K. (2017) Antioxidant and Anti-Inflammatory Effects of Shungite against Ultraviolet B Irradiation-Induced Skin Damage in Hairless Mice. Oxidative Medicine and Cellular Longevity, 11 pages.