コロナワクチン副作用ゼロ自然療法におけるヒント


コロナワクチン副作用のための中和シュンガイトマッサージ
副作用中和のためのシュンガイトマッサージ

ぐんまアンドユーブログ Vol.#4

♨️ 群馬観光、家族 & 健康ブログ ♨️


♦︎ 内容 ♦︎

日本では、多くの人がコロナワクチンの接種を始めています。高熱、だるさ、痛みなどの副作用から身を守る方法や改善方法を伝えさせていただけたらと思います。副作用の為に、仕事や家庭などの日常生活が普段通りに送れないのは大変です。過去の経験より、ワクチンを打っても元気にいられる方法がありますので、ぜひ読んで自分の身を守りましょう。

竹内明子(旅館安太夫)& 澤崎レンネ (MRS Gunma) より 🌹



♦︎ 記事 ♦︎


現在多くの高齢者がコロナワクチンを接種してから間もなく、一般成人が接種することになります。このワクチンが良いかどうかの議論をこの記事でするつもりはありません。それぞれ個人でそれを決める自由があります。私たちが関心を持っているのは受ける人たちがなるべく副作用がないよう願ってます。もし、受ける予定があれば一番大事なのは免疫力を向上させておく事です。「免疫」は複雑な話題です。医療の専門家に聞いてもはっきり「免疫を高めるにはこの方法」の共通解釈はありません。もちろん一般の健康的な生活が大事:十分体を休ませる、バランスよく食事を取る、落ち着いた気持ちでいるなど(笑顔と笑う事が一番の薬とアメリカ人はよく言います)。





コロナワクチンを打つ前後に、より免疫を高めるべきだと思います。日常生活で取り組んでいる以外の実用的なアイデアがあります。現代はいろいろなサプリメントと薬がありますが、私達は自然が私たちが健康であるために必要なものを提供してくれていると考えています。日本人も昔から自然療法を実践してきました。以下は日本と海外で使われている方法です。

ワクチン接種前


1、心の準備をする。予防接種後は、多分何かの副作用があると考えて。体に「頑張ります」と声をかける。


2、身体が再生する間、ゆっくりできるように仕事と家事の準備をしておく。簡単に食べられるものや、消化しやすい食品を用意する。


3、熱さましを用意する:キャベツとラベンダーエッセンシャルオイルがお勧めです。


子供が小さい時、時々保育園からウイルスなどを持って帰て熱を出しました。一度、薬局で購入できる額に貼るものを使ったら合わなかったので、その後は自然な方法での熱さましをするようにしました。


熱さましのヒント#1:キャベツ

キャベツの外側の葉っぱを数枚ガーゼで包み枕の上に乗せ仰向けに寝る。少ししたらキャベツが熱くなってきて ... 熱を吸収します!数回葉っぱを取り替えることでどんどん熱を吸収し熱を下げます。



熱さましのヒント#2:ラベンダーエッセンシャルオイル水


部屋の温度の水(シュンガイト水がおすすめ)を大きめなボールに入れ、数滴のラベンダーエッセンシャルオイルを足して手でよくかき混ぜる。おしぼり・ハンカチの大きさのタオルを入れて軽く絞って使います。バスローブか冷えないようなゆるい服を着て、毛布を肩周りにかける。脇の下や股間部が熱を発散しやすいので、絞ったタオルを挟みます。1分くらい待つとタオルが温かくなるので。もう一度ラベンダーオイル水に入れて絞りもう片方の脇の下や股間部に挟みましょう。本人がもう良いと感じるまで交互に4箇所をタオルで冷やしてください。


私の子供が上の二つの方法ですぐ楽になって、遊んで、学校も休まずに楽しい生活を送れました。



4、免疫力向上によい日本の知恵:焼き梅干し茶&はちみつ大根


23年前お嫁に来た時ある日具合が悪くて義理のお母さんが焼き梅干し茶を作ってくれまし。少し飲みづらかったのですが、飲んだら体がポカポカ温かくなって元気が出てきました。自然治癒力をサポートしてくれました。いつ風邪などの症状が出るか分かりませんがコロナワクチンは予約して受けるので、数日前にこの二つの方法を1日1回試してみてはどうでしょうか。


免疫力向上のヒント#1:焼き梅干し茶 (風邪の症状緩和に)

梅干しは、抗菌力が強く、また疲労回復効果や抗酸化作用を持つクエン酸などミネラルが豊富。そして、梅干しは焼くことでムメフラールという血行改善する成分が生まれて、身体を温めてくれます。

★作り方:梅干しをアルミホイルに