熱中症保護対策のヒント&手作りスポーツドリンクのレシピ:サッカー指導者トム先生のインタビュー

今回のぐんまアンドユーブログテーマは熱中症対策です。2007年来日し群馬県安中市在住イギリス人のスポーツコーチ及び教師であるトム先生の目から見た日本人の熱中症に対する問題点とその対策を細かく教えていただきます。その中でMRS Gunmaのスポーツドリンクの作り方をお知らせしますのでお楽しみください。


夏になると各地で熱中症の事故のニュースをよく聞きますね!それは病気ではなく簡単な対策で親が安心して子供達を安全に夏でもスポーツまたは外遊びができる方法をお伝えします。群馬県安中市在住’、イギリス人のスポーツ専門家(ランドル・トム先生)のアドバイスにより改善でき熱中症事故のニュースが少なくなることを願います。


2021年6月28日スポーツ合宿にぴったりのきよみず邸貸別荘でトム先生、私(澤崎レンネ)と竹内明子がお話し合いしました。国際経験、日本での体育教員とスポーツコーチを元に貴重な情報を伝えてくれました。このインタビューの中、きっと自分の健康的な日常生活にも取り組めるポイントがあります。インタビュー後簡単な手作りスポーツドリンクレシピもあります。体にも、お財布にも優しいです。




トム先生のプロフィール


名前 ランドル トーマス(トム:Tom Randall)

出身地 ハダースフィールド、ヨークシャー、イングランド

来日の年 2007年

職業 サッカー指導者(一般社団法人LEONI SPORTS GROUP 2010〜現在)、体育教師(軽井沢町立軽井沢中学校 2016年〜現在)

趣味 スポーツ「今特にトライアスロン」& 日曜大工

コメント 家族とペットは幸せなら、僕も幸せです!

一般社団法人LEONI SPORTS GROUPについて

2010年 設立

2015年 日本サッカー協会登録団体となる

2019年 一般社団法人となる

現在 メンバー数100人以上

カテゴリー U6、U8、U10、U12、レディース、ガールズ、フットサル、キンダーガーデン教室

その他 マルチスポーツ夏休み教室、モモトレ教室

https://leoni.jp/

https://www.instagram.com/leonisportsgroup/





熱中症保護対策についてのインタビュー

Q1:イギリスと安中でのサッカーコーチとしての経験を教えてください。

A1:イギリスではプロサッカー選手を目指していましたが、次第にサッカー指導者として興味を抱くようになり所属していたチームの紹介で、まずアメリカでサッカー指導の経験を積みました。その後、イギリスに戻り、大学で学びながら色々な国を旅していく中で、日本に来る事になりました。日本に来て驚いたことは、日本人には、英語を話せる人があまりいなかったことです。その為に、まず日本語を自ら学ぶところからスタートして、日本に来てから2年後の2009年にサッカー教室を始めました。初めは、5名からのスタートでした。現在では一般社団法人LEONI SPORTS GROUP(以下レオニと省略)において大人の教室も含めて100名以上の方の指導をさせていただいています。


Q2:こちらのブログを読んでいる人達に熱中症保護のヒントを伝えたいのですが、母国イギリスは涼しくて暑い日本において熱中症対策で何を学ばなくてはいけませんでしたか?

A2:熱中症という言葉は、あまり好きではありません。なぜなら、メディアがあまり騒ぎすぎるので子どもたちが外に出ることを怖がるようになってしまうからです。熱中症は、決して病気ではないので、対策することで防ぐことが可能です。皆さんにもしっかり、予防方法を学んでほしいと感じています。夏もしっかり対策を取ることで、外で運動できます。熱中症が心配だからといって、外に出ないと夏の間に太ってしまいます。ぜひ、しっかり予防方法を学んで体を動かしてください。


Q3:熱中症の症状のサインは何ですか?

A3:熱中症になると、倦怠感や頭痛、冷や汗をかきます。のどが乾くと感じてから対策するのでは遅いので、暑いと感じたり、たくさんの汗をかいたら木陰で休んだり水分をとるなどのこまめな予防がとても重要です。


Q4:子供が部活やスポーツの練習後、帰宅して家で熱中症の症状があるときどのような対処ができますか?

A4:帰宅してからは、比較的珍しいかもしれません。だいたいグラウンドで倒れてしまうことが多いからです。レオニでは、11年間、一度も熱中症を出したことがありません。対策すれば予防できます。でも、熱中症になってしまったときはまず横にさせて休ませます。そして、薄めのスポーツドリンク(水:スポーツドリンクを1:1に割る)を飲ませてください。そのままでは、糖分が多すぎて体に負担になり、余計のどが乾いてしまいます。糖分をとると、その糖分を体が消費するために水分を必要としますので、現在市販されているスポーツドリンクそのままでは、脱水症状を引き起こしかねません。必ず、薄めてください。後程、オリジナルスポーツドリンクレシピも掲載しますので参考にしてください。次に血管が多く通っている関節を冷やします。脇の下や股の間などを中心に冷たいタオルや、保冷材にタオルを巻いたものなどで冷やします。しかし、何よりも予防することが大事であることを覚えていただきたいです。「治療よりも予防!!」です。


Q5:夏期間中に家でできる熱中症対策を教えてください。

A5:まず、しっかり朝の食事をとることです。バランスのいい朝ごはん特に、和食の朝ごはんはお勧めします。揚げ物や、菓子パンはやめてください。体が乾いてしまいます。果物の糖は、大丈夫です。グラノーラやコーンフレークはOK。パンも菓子パンでなくトーストを。お弁当は子どもが食べやすいものがいいです。おにぎりは特におすすめ。ウィダーインゼリーなども悪くないです。


Q6:サッカーコーチとしてチームの熱中症対策は何をしていますか?

A6:まずは、子どもと親への教育です。なぜ、この対策をするのか?理由をしっかり説明します。

例えば、レオニではドライTシャツを使っていますが、Tシャツの下に綿の肌着をつけないように指導します。なぜなら、綿の肌着は汗をよく吸収するのですが、とても乾きずらく、体の熱を効率よく発散させにくくなってしまい、逆に暑くなってしまうからです。これでは、ドライTシャツの機能がうまく働きません。子どもが、もし肌着を着ていたら脱ぐように促しますが、その際必ずなぜ脱いだほうが良いかを尋ねて答えさせます。このような方法で、しっかり理解させます。

他には、暑くなる前に保護者に向けて熱中症対策の指導を行っています。

そして、睡眠もとても大事なので通年等して、19:00以降にゲームなどをし